計算する人

会計事務所の選び方

大阪の会計事務所を選ぶときは、実務経験が最低5年以上ある税理士が望ましいです。また、大企業のコンサルティングや監査等を依頼するときは、公認会計士としての登録をしている税理士を選びます。事務所の大きさよりも料金とサービス内容のバランスで選ぶのが妥当な方法です。

電卓

経営者に役立つ情報

新規にビジネスを始める人が多い新宿駅周辺では、開業支援や資金調達のサポートもしてくれる、地元の税理士事務所が評判です。経営者が高齢化する中で、事業承継のサポートへのニーズも高まっており、就業規則の作成や顧問契約のプランも好評です。

男の人

起業をサポートする専門家

独立して起業しようとする場合、独立する分野での実務経験はあっても役所への諸手続きや税金関係の手続きについて悩む人は少なくないといえます。そうした分野については、起業支援の経験が豊富な税理士などの専門家を上手に利用するのがよいといえます。

婦人

慰謝料を請求された場合

精神的損害に対する損害賠償のことを慰謝料と言いますが、慰謝料請求を受けた場合には冷静な対処が必要です。最近では不倫等の問題で慰謝料請求を受けるケースが増えており、弁護士に相談することで問題解決に前進します。弁護士に相談する際には、無料相談等を利用して相談しやすい弁護士を選ぶようにするといいでしょう。

女の人

会計や税金の面でサポート

港区では多くの税理士が会計業務の面で企業をサポートしています。起業した人や専門的な知識が必要な業務を行う企業では、会計業務以外でも相談に乗ってくれたりアドバイスをしてくれる税理士が人気となっています。

さまざまな助言を行う

書類

企業の片腕になる

世の中には多くの種類の税金があります。そういった税金にまつわることをサポートしているのが税理士の仕事です。港区は東京都内でも数多くの企業が集まる地域です。それ故、港区内の税理士の役割は大きいといえます。企業には法人税や法人事業税といった納めなくてはならない税金が多くあります。それを正確に算出し、期日までに納められるようにするのが港区の税理士の大切な仕事です。万が一申告が遅れると追徴などのペナルティーが発生し、企業は大きなダメージを受けます。そういった過ちがないよう、税理士は納税に関する書類作成や税務署への申告をクライアントの代わりに行います。また法律に沿った手続きだけではなく、企業からの経営相談を受けるのも港区の税理士の特徴です。企業の経費や売り上げが分かる資料を見ながら、経営計画に対して助言を行います。その中で経費の無駄な部分を見つけて削減への提案を行います。また節税対策への提言もしていきます。このように会社の財務状態をより健全に導いていくのも、港区の税理士の特徴と言えます。そして今後企業がより成長していくためには、経営状況を正確に把握していくことも必要です。担当の税理士が月ごとに決算を行い企業の状態を数字で把握していくことで、正確な業績を判断できます。税理士は企業が今後伸びていくために現状を正しく数字に表します。企業が堅実でいられるよう多方面からサポートをしているのが、港区の税理士の特徴です。

Copyright© 2017 面倒な税務はプロの税理士事務所にお任せ! All Rights Reserved.