スプリンクラーの今

青いトラック

最近のスプリンクラーというのは、水のみではないことがあります。つまりは、水というのは、必ずしもすべての火災に対応できるわけではないからです。特に厨房なんかに設置されているスプリンクラーは油火災に対応していることが多いです。 電気火災の可能性が高いところも特殊なスプリンクラーであることが多いですし、実は色々と種類があるのです。 基本的には水を撒き散らすのが、スプリンクラーというものですが、今は多種多様な液体を吐き出すのです。 火災にも種類があり、それに対応できるかどうかが大事だからです。明らかに水では駄目なところもあるわけです。 そうしたところに特殊なスプリンクラーを設置するのが最近のトレンドになっているわけです。

スプリンクラーは現在最も広く利用されている自動消火システムで、主に室内に設置されています。火災探知と消火をする機能が備わっており、可燃性液体による火災の場合は延焼防止や燃焼抑制などの役割も担っています。 スプリンクラーにはいくつかの種類があります。配管内の水が凍る可能性のない倉庫や事務所などの建物には湿式スプリンクラーが適用されます。反対に配管内の水が凍る可能性のある寒冷地にある建物や冷凍倉庫などには乾式スプリンクラーが用いられます。通信機器室や電算室 などの誤作動による水損を避けたい場所には予作動式スプリンクラーが適用されます。その他化学工場などには開放式スプリンクラー、空港通路や展示場などには放水型ヘッド等スプリンクラーが適用されます。 場合によってはスプリンクラーの設置に補助金がおりる事があります。またスプリンクラーは設置義務があり、建物の構造や広さ等によって付け方が決められています。