井戸をつくる

働く車

今、家庭用の井戸工事が浸透しているみたいです。自然災害などで水道の蛇口から水が出ない、普段の水道代金の節約のためにあると安心便利ですね。 井戸工事は飲料水として、そのままではあまり用いられませんが、浄水器、滅菌機等で消毒すれば使用できるみたいです。家庭用の雑用水として、庭木への水やり、洗車、洗濯に使用するのもいいですね。ですが、鉄分やマンガンを多く含んでいる場合があり、水質によっては除鉄槽等が必要な場合があるので注意です。 井戸工事の種類は掘り抜き井戸が主流で広さ60センチ、深さ6メートルのものが主流となっています。掘削場所を選ばず、深さと筒口径を調整することで、希望の推量が確保できる場合がほとんどだそうです。 普段の暮らしから、防災対策まで、井戸工事を考えるのもいいですね。

井戸工事によって得られる水は、水道水より味も良く消毒薬を含んでいないという点では安全です。さらに地下水をポンプで汲み上げて供給する形をとるので、費用もその分しかかからないといった良さがあります。 そして井戸工事によって得られた水の水温は、一年を通して一定に保たれているのでいつもちょうどいい温度の水を飲むことができます。さらに災害時に水の供給がストップするような自体に陥っても、この井戸水があれば手押しポンプや発電機の利用によりいつもと変わらず水を使用し続けることもできます。 しかし井戸工事はどこでもメリットがあるというわけではなく、地域や環境によって水質が違うということもありえます。そういった井戸工事のケースでも水質を調整する装置を取り付ければ十分飲水として活用することが可能です。