土の改良

木を運ぶ

土の改良といえば、住宅建設における造成や築堤による利用や、道路工事における土壌改良、最近では東日本大震災における、災害復興のための土質改良など、日常のさまざまな分野で、利用されています。 その中で一番利用されやすいのは、住宅建築における造成です。これは、我が国は平地の少なく山々が連なり、淡水の多さから土壌の軟弱性のある土地柄もあるため、土地を有効活用するために使用されています。 使用される土質改良プラントは、特に移動式となるTW工法や自走式プラント混合工法などさまざまあり、その機器も多様に利用されています。 これらは、迅速に大量に快適に、土質改良を造ることが可能であり、またこれらは、移動式の利点を生かして、場所をあまり選ばず撤去も容易であるため、周辺環境への影響も少なくなります。

迅速に大量に土質を改良できる、土質改良プラントですが、実際にかかる費用が気になる所です。土質改良プラントには、取り扱い企業により多少の値段の差がありますが、それぞれ値段とお手軽さに違いがあります。 そのため、土質改良プラントを購入する場合、移動式で設置に多少場所をとるものの、その大きさは、中型トラックよりは大型の機器である場合が多いため、値段も3000万〜5000万程度となります。 新品を購入すると、費用がかかるため、中古として購入する手段もあります。こちらは、新品よりも半額程度とお手軽です。 また、購入するだけでなく、レンタルとしても利用できます。レンタル価格は取り扱い企業により、多少の差はありますが、平均的な値段は一日1万から2万あたりとなっています。