雷を避ける

地盤整理

避雷設備とは、高さ20メートル以上の建物に設置義務が課せられている設備であり、主な対象は突針状の避雷針となります。 避雷針には保護角というものがあり、避雷針の先から45度下方に伸ばした範囲に建物を収めなければならない規定があります。 もしも避雷針の保護角に建物の角が入らない場合は、他の避雷設備として、避雷導体という銅線を設置すれば雷からの保護範囲に入るとみなされますので、高額な避雷針を取り付けするよりも安く避雷設備を設置できます。 避雷設備は、定期的に状態確認や絶縁状態を点検することが推奨されており、一年に一回の目視点検と、接地抵抗値を計測し、その結果を保存しておくことが重要です。 高さ20メートルよりも低い建物においては、避雷設備の設置義務はありませんが、重要施設である場合は自主的に避雷針等を設置する場合もあります。

避雷設備を設置する法的な義務のある建物を建設する場合には、業者の選択が必要になります。そのような場合に利用できるのが、無料見積もりです。 無料見積もりでは、避雷設備を設置した場合の費用などを明確に把握することができます。しかし、避雷設備の場合には、点検などの費用を捻出していくことが必要となっています。そのため、避雷設備の設置に必要になる費用だけでなく、点検などの費用を含めて無料見積もりを行ってくれる業者を選択することが重要です。このような業者を見積もりの段階で把握できれば、安心して設備の安全を確保していけます。 このように、避雷設備を設置する場合には、点検などの費用も含めて無料見積もりを行ってくれる業者に高い利用価値があります。