起業をサポートする専門家

男の人

ベテランが理想的

新卒で大企業に就職できたからといって、必ずしも終身雇用が約束されているとは言い難い時代になってきています。そのため、自分に合った生き方や働き方を求めて起業や独立を考える人も少なくないといわれています。起業や独立する分野について、会社員やアルバイトとして一定の経験がある場合であっても開業に係る役所関係への届出や資金調達、税金関係については知識も経験もほとんどないというケースが一般的です。そうした場合、起業支援の経験が豊富な税理士などの専門家に相談してみるのがよいといえます。税理士などの専門家に依頼するのは費用がかかると思い独学で手続きを進める人もいますが、こうした手続きは複雑なため、何度も手直しが必要になったり場合によっては手続き漏れが起こるケースもあります。その点、経験豊富な税理士などの専門家に依頼すれば手続き漏れの恐れはありませんし、手続きに係る時間も大幅に短縮することが出来ることとなります。また、近年起業支援に力を入れる自治体も増えてきているので、各種補助金についての情報を得ることが出来たり、補助金申請手続きの第鵜を依頼することもできます。なお、経験豊富な税理士であれば起業後も税務申告書類の作成はもちろん事業を円滑に継続していくための助言業務も行ってくれます。独立して事業を行い成功を目指すためには、全てを自分だけで行うのではなく、自分の知識が手薄な分野についてはその分野の専門家を上手に使うことも重要なポイントとなります。

Copyright© 2017 面倒な税務はプロの税理士事務所にお任せ! All Rights Reserved.